フルキャスト即給システムの変更
フルキャスト即給システムの変更により一部記事を変更しました
    更新 2017/5/25

フルキャストではじめて働こうとしている方に

フルキャストではじめて働こうとしている方に注意すべき点について解説します。

スポンサーリンク

はじめての仕事は一人しかいない仕事は極力避ける

はじめての仕事で、しかも一人での作業となると、待ち合わせ出来ない、
担当者がいない等のトラブルになったとき、どうすれば良いのか分かりません。

何度かフルキャストの仕事をしていると、トラブルに慣れてうまく対応できますが、はじめての仕事だと分からない事ばかりです。

即給手続きが分かりにくい

即給の手続きが、はじめてのフルキャストだととても分かりにくいです
このブログで説明していますので、即給を使う方は、把握しておいてください

フルキャストの仕事に慣れていないうちは点呼を引き受けない

はじめての仕事では、点呼を頼まれる事はまずありませんが、2回目3回目で点呼を頼まれることがあります。

点呼を引き受けると、少しだけ給料を支給してくれます。ですがフルキャストの点呼では全員時間前に来ることは、まずあり得ません。

20人位の現場だと2人~4,5人位が遅刻や無断欠勤をしてきます。

フルキャストへ電話や、メールで連絡するのですが、その他に仕事先で担当者の方に連絡します。

フルキャストを使い慣れているところだと、報告して終わりですが、使い慣れていないところだと、責任者と判断されかなり強く怒られることがあります。

引っ越し等や搬入系の仕事だと、ギリギリの人数で頼んでいるので、怒鳴られることが多々あります。

服装を確認する

黒い服とかスニーカーとか指定されていることがあります。
基本は長ズボンとスニーカーですが、安全靴が指定されていることがあります。キ

ャストポータルからエントリーする前に、自分が持っている持ち物かどうか、確認してください。

交通費と時間がかかる仕事は極力さける

フルキャストでは交通費は基本的に支給されません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする